2011年08月21日

"日本の川を泳ぐ旅"シリーズ第3弾@仁淀川



→ スライドのダウンロードはこちらから(PDF2.4MB)

************************************************
◎テーマ:仁淀川の泳ぎ旅(高知県)
◎訪問日:2011.8.8
************************************************

「日本の川を泳ぐ旅」の第3弾は、愛媛・高知両県を流れる1級河川の仁淀川。全国的に有名な四万十川の横に位置するため知名度が十分ではないが、その清らかな水質は連続して四国第一位。「四国で泳ぐなら仁淀川」という地元四国の方々のアドバイスに魅かれて遂に仁淀水泳が実現しました。

区間1(仁淀川上流部の支川・面河川の日野浦付近 0.2km)

01niyodo.JPG
底が見えずに背筋が凍る淵に恐る恐る接近。

02niyodo.JPG
淵の手前から清流泳ぎをスタート。

03niyodo.JPG
透明度抜群で小魚もたくさん発見。

04niyodo.JPG
流れに体を乗せて・・・

05niyodo.JPG
急な浅瀬が出現し遊泳区間の終了。

06niyodo.JPG
ウェットスーツの天日干し。


区間2(仁淀川中流部の片岡沈下橋上流部 0.5km)

07niyodo.JPG
憧れの仁淀川本川での川泳ぎ。

08niyodo.JPG
下流から上流への遡上に挑戦。

09niyodo.JPG
下流に片岡沈下橋を望む。

10niyodo.JPG
仁淀川泳ぎを終えて気分爽快の記念撮影。


「いつか、この川でも長距離水泳マラソンを!」が友人との共通の感想。急勾配やそれゆえの発電ダム群の存在等々、四万十川とはまた異なる個性をもつこの仁淀川を、次回はもっと堪能できればと思います。
posted by 和田 at 21:17| Comment(0) | ◆川を泳ぐ旅【体験記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。