2006年06月20日

「家庭用浄水器の選び方」について@水トピック

20060620(水web).JPG

家庭用浄水器(三菱レイヨン)


************************************************
■テーマ:家庭用浄水器の選び方
■情報源:ECナビ「浄水器・整水器の賢い選び方」他
http://kakaku.ecnavi.jp/compare_guide/water/
************************************************

浄水器協会の調査によると、2005年7月時点の浄水器普及率は全国平均で29.1%。
ほぼ日本国民の3割の人が浄水器を使っていることになる。
更にマンションに限定すれば、60%もの家庭で浄水器が使われていると言う。

「浄水器」に関する基本的な情報は本サイトの過去の記事において扱っているので、興味ある方は是非参照頂きたい。
 →「家庭の浄水器」について@水トピック 

浄水器・整水器の普及やボトルウォター人気は、一方で「生の水道水」離れを加速させている。
日本の水道水の安全性や味に対する信頼性の低下が背景にある訳だが、昨今の水商品の人気は、少々流行とも言える異常さがあると個人的には思えてならない。

「果たして、そこまで水道水は危険で、まずくなってしまったか?」

この辺の「水道水の安全性と味」については、また後日「水トピック」として考察してみようと思う。


話を本題に戻し、日本に1000種以上あると言われる浄水器の中から、我が家に適した浄水器を選ぶにはどうしたらよいか?

求める浄水機能、価格(ランニングコスト含む)、ブランド名、デザイン等々で個人差があると思うが、納得して浄水器を選ぶための有用webサイトをいくつか紹介したい。


【STEP-1】まずは、浄水器のタイプを選ぶ

水道水から危険物質が除去されれば満足か、もしくは水道水に+αの機能を付加したいか。
水に求める「質」の違いにより、浄水器のタイプは大きく異なる。
以下のサイトを参考に、まずは購入する「浄水器のタイプ」を選ぼう。

ECナビ「浄水器・整水器の賢い選び方」

浄水器比較表

浄水器の比較と上手な選び方


【STEP-2】許容できる「上限価格」を絞った上で、各メーカーの総合比較を行う

機能性、デザインも重要だが、最後はやはり商品の「価格」が最終決定の決め手になるであろう。
そこで、タイプを決めた後は、商品の上限価格を決めた上で商品の比較を行い、希望の商品を絞る必要がある。

ここでの注意点は、浄水器そのものの購入費に加え、カートリッジの費用も考慮して検討すること。
目安としては、例えば「1年間浄水器を使い続ける場合」を想定し、メーカーのカートリッジ交換目安に従った場合の年間ランニングコストを算定してみるのがおすすめだ。
 →蛇口直結型浄水器を選ぶ場合の比較サンプル

ECナビ

浄水器プロ ドットコム


【STEP-3】同じ商品の最安値を比較

希望の商品が決まったら、最低価格を把握した上で、好みのルート(店、ネットetc.)で購入するだけ。

価格ドットコム(整水器&浄水器)



【STEP-4】最低限の基礎知識を習得

折角、安全でおいしい水を求めて設置した浄水器も、使用法を間違えると、水道水よりもかえって危険でまずい水となってしまう。
浄水器本来の機能を十分に発揮させるためにも、浄水器の水に関する最低限の知識は身につけておきたい。

浄水器協会「浄水器の使い方」


浄水器を設置した後は、是非とも「生の水道水」と「浄水器を介した水」のおいしさの差を、同じ水温の条件で比較してみよう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。