2010年08月07日

多摩川河口部の土木遺産巡り@訪問記

************************************************
◎テーマ:多摩川河口部で学ぶ川と人の関りの歴史
◎訪問日:2010.8.6
************************************************

東京と神奈川の境を流れる多摩川。
意外にも、その河口部には長きに渡る人と川の関りの歴史を学べる川の土木遺産が点在しています。

IMG_0059.JPG
多摩川沿いの羽田の大鳥居

IMG_0072.JPG
河口の干潟では鳥がのんびり

IMG_0081.JPG
多摩川の洪水が支川・海老取川に逆流しないように築かれた五十間鼻

IMG_0082.JPG
人の生活感が香るエリア

IMG_0087.JPG
羽田水門と国際ターミナル

IMG_0094.JPG
今なお残る昭和3年築造の赤レンガ防潮堤

IMG_0102.JPG
多摩川最下流部の橋の下には渡しの跡が

IMG_0103.JPG
街に溶け込む赤レンガ堤防

IMG_0107.JPG
日本規格の立派なサイクリングロードがスタート

IMG_0111.JPG
悠々と流れる多摩川

IMG_0118.JPG
生活を守る堤防

IMG_0127.JPG
昭和6年建造の六郷水門

IMG_0132.JPG
六郷水門と多摩川と、川崎の高層ビル群


posted by 和田 at 18:14| Comment(0) | ◆水を巡る旅【訪問記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。