2007年04月29日

千代田区総合体育館(千代田区内神田)@プール巡り

c.jpg

photo:千代田区総合体育館室内プール


飲み会前の時間調整に好都合な場所に位置する公共プール。
東京のど真ん中の公共プールでまさか飛び込み練習ができるとは・・・

【プール info】
◆プール:千代田区総合体育館室内プール
◆タイプ:25m短水路プール(水深固定)
◆料 金:600円
◆ H P :http://manabi.city.chiyoda.tokyo.jp/shisetsu/taiiku.html
◆感 想:
古いが穴場のプール。何よりの魅力は、飛び込みO.K.の常設コースがあること。
飛び込み台も設置され、水泳大会の練習には最高。
平日は不明だが、土曜日はガラガラで特におすすめ。
ビート版、プルブイもあり、全コースで使用可能。
posted by 和田 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国プール巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

水関連新聞記事の月間分析@2007年3月分

2007年3月分の主要6紙新聞朝刊(首都圏版)に掲載された水関連記事の分析結果を以下に示します。

■掲載記事総数

66記事

■新聞社別の掲載状況
200703-1.jpg


■テーマ別の記事掲載数
200703-2.jpg


■2007年3月の総評

昨年9月から新聞記事整理を続けていますが、月間記事数が最低を記録しました。
水害も水不足も無く、水事情的には比較的平穏な時期と言え、その分3月は社会の水への関心も弱まる時期なのでしょう。
新聞社別では、ほぼ均等に各紙から掲載された月となりました。記事のテーマでは、水辺の環境や水質改善に関するものがトップ、次いで、温暖化関連の記事がやはり多く登場した一ヶ月となりました。
治水や利水面で平和な時期に、水環境が着目される傾向があるのかもしれません。


※情報源:主要紙で読む今日の水ニュース
http://water-news.seesaa.net/
posted by 和田 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 水記事新聞分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

東品川ポンプ所@見学施設紹介

20070401-1.JPG

雨水ポンプ


************************************************
■テーマ:「東品川ポンプ所」紹介
■情報源:東京都下水道局
************************************************

先日竣工したばかりの東京都下水道局「東品川ポンプ所」を見学した。

この施設は、品川区や目黒区を流れる目黒川沿い一部地域の浸水被害の軽減と、目黒川や京浜運河の水質改善を図る目的で建設された下水道施設。
ポンプ所の屋上や雨水貯留池の上部が公園として一般開放されているのも特徴の1つとなっている。

20070401-2.JPG

ジェットエンジンで動く非常用発電設備


浸水被害軽減と水質改善の両立方法は如何に?
その答えは、地下空間にある巨大なポンプと貯水槽にある。

この区域には、生活排水(汚水)と雨水が同じ管を流れる「合流式下水道」が埋設されているため、従来、大雨の際には汚水混じりの水がそのまま目黒川や京浜運河へと流れていた。
しかし今後は地下の巨大水槽と貯留管にある程度までは雨水を蓄えることが可能となり、雨が去った後に最寄の芝浦水再生センター(下水処理場)へと汚れた水が送られるシステムになった。

また、この地下空間に蓄えられない量の水が来た際には雨水ポンプ(5.25m3/s×3機)が大活躍し、雨水を京浜運河に放流することで、付近一帯の浸水被害を軽減する役目も果たす。

20070401-3.JPG

雨水ポンプの駆動部


日頃目にしない地下空間での洪水防御と水環境改善に向けた大切な取り組み。

不定期に開催される見学会で是非その仕組みを見学してみては如何でしょう。

posted by 和田 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆水を知る見学施設紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。