2013年12月11日

水に関する至言・卓説集 第10選

水や川に関わる書籍を読んでいると、「なるほど」と心打たれる言葉や論説に出会うことがあります。
そんな水に関する至言・卓説を紹介するシリーズの第10弾。

今日は最近読んだ水や川に関わる本から紹介させて頂きます。

◆「川と国土の危機――水害と社会」(高橋裕 P87)

こま切れされた川の物理現象に満足せず、川を毎日のように眺め、川縁に集まった人々の歓声を脳裏に畳み込むことによって、その川のこことを知り、川が何を言おうとしているのか、その川を聞けて初めて、川への愛は芽生え、それに裏づけされた河川計画が樹立されるに違いない。

◆「川と国土の危機――水害と社会」(高橋裕 P88)

川の物理的、歴史的、地域的特性の理解を深めることこそ、川の個性とこころを知る扉である。それが川の自由を最低限尊重した上で、川との共存を求める道である。

◆「川の文化」(北見俊夫 P17)

川の姿の変遷は、その流域住民の生活の移り変わりを、ほとんどすべての面について、よく映し出してくれる。

◆「川の文化」(北見俊夫 P20)

川の流域は、人間が自然との葛藤の中で、どのように対立し、あるいは融合してきたのかをみるうえで、最適な場所といえよう。歴史の膚へ文明の足跡を深く刻み込んできた川は時代によって異なった目的に利用され、その一々の用途についても細かい時代差が反映している。

◆「水の文化史」(富山和子 P40)

舟運から鉄道への転換は、日本人の土地利用を大きく変えさせる一大転機であった。のちに見るようにこのときから治水の技術も思想も一変し、日本人の自然に対する発想や価値観までが変わり、やがて今日の水問題を発生させるのである。

◆「水の文化史」(富山和子 P114)

河口は、その川の支流のまた支流の、そのまた枝葉のように別れた谷川の木の葉の一しずくの水滴から、その水を使っては吐き出してきた人間と大地の営みの一切を内に秘めて迫ってくる。大都市の雑踏で流される人々の涙まで、しっかりと抱いて流れて行く場所である。

◆「水の文化史」(富山和子 P290)

水を通して歴史をふりかえることの、なんと明快なことだろう。歴史を通して大地を捉えることの、なんど壮大なことだろう。水の運動は純粋に物理的である。それゆえ水に即して人と大地とのかかわりをあとづけていくならば、今日の姿に国土の形成されてきた過程が、立体像として浮かび上がってくる。
posted by 和田 at 23:53| Comment(0) | 水の至言・卓説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"日本の川を泳ぐ旅"シリーズ第9弾@彼杵川(長崎)

sonogi1.JPG
彼杵川


************************************************
◎テーマ:冬の彼杵川の泳ぎ旅(長崎県)
◎訪問日:2013.12.7
************************************************

「日本の川を泳ぐ旅」の第9弾は、長崎県を流れる彼杵川。
川の中を覗き込むと魚と出会える素敵な川泳ぎスポットです。

sonogi2.JPG
冬の川泳ぎは初体験


sonogi3.JPG
楽しければ寒さも吹き飛ぶ?



彼杵川の案内はこちら(長崎県HP)
 
posted by 和田 at 00:10| Comment(0) | ◆川を泳ぐ旅【体験記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

"日本の川を泳ぐ旅"シリーズ第8弾@五木小川(熊本)

kawabe1.JPG
五木村白滝公園


************************************************
◎テーマ:川辺川の支川・五木小川の泳ぎ旅(熊本県)
◎訪問日:2013.8.10
************************************************

「日本の川を泳ぐ旅」の第8弾は、熊本県を流れる川辺川の支川・五木小川。
鍾乳洞から流れ出る冷水が合流するため、夏も極寒を楽しめる絶好の川泳ぎスポットです。

kawabe2.JPG
透明度抜群


kawabe3.JPG
最も水温が低い区間に挑戦



五木村白滝公園の案内はこちら(HP)
 
posted by 和田 at 00:08| Comment(0) | ◆川を泳ぐ旅【体験記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

"日本の川を泳ぐ旅"シリーズ第7弾@氷川(熊本)

hikawa1.JPG
立神峡


************************************************
◎テーマ:氷川の泳ぎ旅(熊本県)
◎訪問日:2013.8.9
************************************************

「日本の川を泳ぐ旅」の第7弾は、熊本県八代市を流れる二級河川・氷川。
熊本に住む親戚一同と川遊びを満喫。氷川を代表する景勝地・立神峡公園は絶好の川泳ぎスポットです。

hikawa2.JPG
吊り橋


hikawa3.JPG
親戚大集合



立神峡公園の案内はこちら(HP)
 
posted by 和田 at 00:05| Comment(0) | ◆川を泳ぐ旅【体験記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

"日本の川を泳ぐ旅"シリーズ第6弾@小田川(愛媛)

oda1.JPG
川遊びで賑わう小田川


************************************************
◎テーマ:肱川水系小田川の泳ぎ旅(愛媛県)
◎訪問日:2013.8.5
************************************************

「日本の川を泳ぐ旅」の第6弾は、愛媛県を流れる肱川流域の支川・小田川。
道の駅「内子フレッシュパークからり」は、家族連れが安心して川泳ぎを楽しめる絶好のロケーションです。

oda2.JPG
透明度抜群


oda3.jpg
川を解説中・・・



内子フレッシュパークからりの案内はこちら(HP)
 
posted by 和田 at 00:03| Comment(0) | ◆川を泳ぐ旅【体験記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。